イベント

本土寺のあじさい2023の見頃や開花状況は?駐車場の混雑状況も紹介!

日本を代表する花の名所の一つ、本土寺のあじさい2023で毎年恒例のあじさいの見頃が近づいてきました。

今回は、2023年のあじさいの開花状況や見頃の時期、そして駐車場の混雑状況について紹介します。また、混雑を避けるためのアクセス方法やおすすめの観光スポットも併せてご紹介します。

 

本土寺のあじさいとは?

千葉県松戸市にある本土寺は、​約10,000株のあじさいが植栽されていることで有名で、​見頃の時期には多くの人たちが参拝に訪れます。​

本土寺のあじさいは、​あじさいの種類が豊富で、​約40種・​約50,000株のあじさいが咲き誇り、​「あじさい寺」と呼ばれ、​多くの観光客に愛されています。

また、本土寺には、​宗祖である日蓮上人ゆかりの国指定重要文化財なども所蔵されており、​由緒ある寺院としても知られています

 

あじさいの開花状況と見頃の時期

2023年の本土寺のあじさいは、2023年4月中旬時点ではまだ開花していないとの情報があります。例年、見頃は6月中旬から7月上旬頃とされていますが、2023年はその予想が5月下旬から6月下旬に変更されました。

このような季節の変化により、天候によって開花状況は多少前後することがあるため、公式ホームページやブログで確認することがおすすめです。

本土寺のあじさいは、例年5月下旬から開花し始め、6月中旬から下旬にかけて満開になると言われています。あじさいは乾燥に弱く、暑さがやってくる7月を過ぎた辺りから、だんだん元気がなくなり、見頃を終えます。

本土寺のあじさいは、約40種・約50,000株のあじさいが咲き誇り、多くの観光客に愛されています。境内にはたくさんのあじさいが咲き誇り、美しい景色が広がっており、来場者たちはその壮大な自然の中で心を落ち着かせることができます。

 

本土寺の駐車場の混雑状況とアクセス方法

​本土寺へのアクセス方法は、​以下の通りです。

アクセス方法

​電車:JR常磐線「北小金」駅北口から徒歩約10分です。​

車:​常磐道「流山」ICより約15分、​外環道「松戸」ICより約30分です。

本土寺の敷地内には駐車場がないため、参道に無料の駐車場が設置されています。ただし、駐車可能な台数が限られており、すぐに満車になってしまうことがあるため、周辺のコインパーキングに駐車することをおすすめします。

また、ナビゲーションシステムを使用してアクセスする場合は、当寺の住所や電話番号を使用して検索すると、裏手の細い道に案内されることがあるため、注意が必要です。そのため、事前にアクセス方法を確認しておくことが大切です。本土寺は、このようなアクセスの難しさを克服する価値がある、美しい寺院の一つです。

 

駐車場の混雑状況

本土寺のあじさいの見頃期間中は、年々多くの人々が訪れるため、駐車場が混雑することが予想されます。しかしながら、満車の場合でも、周辺には有料駐車場があり、訪問者はそちらを利用することができます。

週末や祝日は特に駐車場が混雑するため、早めの時間帯に到着することが望ましいです。また、公共交通機関を利用する場合は、混雑を避けるために早めの時間帯に出発することができます。

さらに、混雑を避けるためには、平日の訪問や、早朝や閉園前の時間帯に訪れることがおすすめです。これらの時間帯には、訪問者が少ないため、ゆったりとあじさいを鑑賞することができます。

また、事前に駐車場やアクセス方法について情報を収集しておくことが重要です。インターネットや公式サイトから情報を得ることができるだけでなく、観光案内所でも情報を提供しています。しっかりと準備をし、スムーズに訪れることができるようにしましょう。

 

本土寺周辺のおすすめの観光スポットは?

本土寺周辺には、魅力的な観光スポットが多数存在しています。例えば、21世紀の森と広場は、本土寺から約4.2kmの場所にあり、広大な敷地には四季折々の花々が咲き誇っています。

松戸市立博物館は、松戸市の歴史や文化について学ぶことができる博物館で、本土寺から車で約10分の場所に位置しています。

また、松戸城址公園は、松戸市内にある公園で、本土寺から車で約15分の場所にあります。そして、松戸市役所展望室は、松戸市役所の最上階にある展望室で、本土寺から車で約10分の距離に位置しています。

これらの観光スポットは、地元の方々や旅行者に人気があり、多くの方々に訪れられています。周辺の観光スポットを巡ることで、より充実した旅行を楽しむことができます。時間がある場合には、足を延ばしてみることをおすすめします。

 

まとめ

今年の本土寺のあじさい2023のあじさいの見頃は、5月下旬から6月上旬が予想されています。混雑を避けるためには、平日や早朝・閉園前の時間帯に訪れることがおすすめです。また、公共交通機関を利用することも、駐車場の混雑を避けるために有効です。

また、近隣には、文化施設や自然豊かな公園もあり、公園以外の観光地と合わせて訪れることがおすすめです。

本土寺のあじさい2023は、日本を代表する花の名所の1つです。是非、今年のあじさいの見頃期間中に訪れて、美しい景色を堪能してみてください。

 

-イベント

© 2023 ミライドン Powered by AFFINGER5