2023年冬ドラマ

罠の戦争の原作は韓国ドラマ?脚本やあらすじをチェック!

草彅剛さんが主演のドラマ「罠の戦争」が2023年1月16日から放送スタートになります。

罠の戦争」は、戦争シリーズ「銭の戦争」「嘘の戦争」に続く第3弾で復讐劇が描かれます。

SNSやウェブ上ではすでに注目されており、「原作は韓国ドラマ?」「脚本家は誰?」というような疑問の声も数多くありました。

結論から言うと、「罠の戦争」に原作はありません。

100%オリジナルストーリーです。

ということから、ドラマ「罠の戦争」はネタバレを意識することなく最終回まで楽しめます。

また、脚本家は『チ-ム・バチスタ』や『チア☆ダン』などでもよく知られている後藤法子さんです。

そこで今回は、

・ドラマ「罠の戦争」の原作は韓国ドラマ?

・ドラマ「罠の戦争」の脚本家は誰?

・ドラマ「罠の戦争」のあらすじは?

という疑問について調べましたので、最後までチェックしてください!

 

 

罠の戦争の原作は韓国ドラマ?

『罠の戦争』に原作はありません。

脚本家・後藤法子さんのよるオリジナルストーリーです。

 

原作が韓国ドラマといわれる理由は?

第1弾の「銭の戦争」が韓国のテレビドラマからのリメイクであったのに対し、第2弾の「嘘の戦争 」では、すべてオリジナルのドラマが制作されたようであります。

最近では「六本木クラス」のような韓国ドラマのリメイクを制作して放送することが多くなっていますが、オリジナルのシリーズを継続するのはある意味珍しいことかもしれません。

今回は、『銭の戦争』『嘘の戦争』の脚本を担当した後藤法子さんの手によるものだから安心です。

草薙剛さんが主演で、後藤法子さんが脚本を書くのであれば文句はないだろうと、ファンの期待も高まっているようです。

 

戦争シリーズのあらすじは?

先にも述べたように、戦争シリーズの第3弾であるのが「罠の戦争」です。

待望の続編となる本作では、シリーズの主人公である草薙剛さんが、これまでの作品同様に主人公として再び出演されています。

一方で、本作以前の作品を観ていない方や、あらすじをぼんやりしか覚えていない方もいらっしゃるかと思いますので、ここからは第1弾、第2弾のあらすじを簡潔にご紹介していきますね。

 

銭の戦争

日本の首都である東京を舞台に、戦いの模様を描いたシリーズ第1弾。

韓国ドラマ「銭の戦争」が原作です。

父親の金銭問題で、家、仕事、婚約者を一度に失った主人公。

彼は大手国際証券会社のトップ社員であった。

再就職を試みるがうまくいかず、路上生活を送ることになる。

復讐の鬼と化した主人公は、悪人への仕返しをどうするか決めかねて、高利貸しになることを決意する。

果たして、彼の持つお金ですべてがうまくいくのだろうか?

 

嘘の戦争

このドラマの主人公は、とても腕利きの詐欺師。

自分の家族を殺されてから30年、生き残っている彼が嘘をついていると非難していた。

ある日、タイにいた彼は、街で自分が見た犯人とおぼしき男を目撃する。彼は、その男が同一人物であると確信した。

彼はついにタイミングよく日本に帰国し、偽名を名乗り、殺人犯の家族に向かってゆっくりと歩み出す。

 

 

罠の戦争の脚本

ドラマ「罠の戦争」の脚本家は、後藤法子さんが担当しています。

後藤法子さんは、サスペンス、コメディー、連続ドラマなど、さまざまな映画やテレビ番組の脚本を手がけてきた脚本家です。

まさにベテランの域に達した経験を持っています。

 

後藤法子さんが脚本を担当した作品

ドラマ
・チ-ムバチスタ

・銭の戦争

・嘘の戦争

・チア☆ダン

・悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?

映画
『ごくせん THE MOVIE』

 

 

罠の戦争のあらすじ

この物語の主役は、草彅剛が演じる国会議員秘書の鷲津亨(わしづとおる)である。

秘書としての仕事をこなすだけでなく、お偉い議員の身辺整理を代行したり、物議を醸さないような対策を講じたりする。

一方、鷲津亨は、常に冷静沈着さを保ちながら、良心的に仕事をこなしていた。プライドを捨て、必要な人には頭を下げて責任を果たしていた。

そんなある日、鷲津亨が長年お世話になった国会議員の先生から、ある事件の隠蔽工作を依頼される。

鷲津亨は、この先生に長年、人生を捧げてきた。

被害者は、鷲津亨の息子であることが判明した。

その結果、鷲津亨の息子は重症を負った。

鷲津亨は気持ちを抑えて裏方に鷲津亨していたが、自分の子供が被害者となった事件の解決を依頼され、気持ちが爆発してしまった。

鷲津亨は、息子を苦しめた犯人の正体を突き止め、権力を振りかざし、自分の過ちを不当に消そうとする卑劣な政治家たちに復讐するため、これまで培ってきた人間関係や技術を駆使し、逆襲を開始する。

妻に支えられ、行動を開始した透は、これまで培ってきた人間関係やスキルを駆使して、息子を苦しめた張本人の正体を突き止める。

冷酷な政治家たちに繊細な罠を仕掛け、鉄槌を下すドラマ。

 

 

まとめ

2023年1月から放送スタートのドラマ「罠の戦争」。

今回は、【罠の戦争の原作は韓国ドラマ?脚本やあらすじをチェック!】と題して疑問にお答えさせていただきました。

 

・ドラマ「罠の戦争」の原作は韓国ドラマ?

・ドラマ「罠の戦争」の脚本家は誰?

・ドラマ「罠の戦争」のあらすじは?

まとめると、

ドラマ「罠の戦争」は、漫画、小説、韓国ドラマを元にしたものではなく、完全なオリジナル作品となります。

そして脚本は、『チ-ム・バチスタ』や『チア☆ダン』などのテレビドラマを筆頭に、数々のヒット作品を生み出してきた脚本家の後藤法子さんが担当します。

 

今回、草彅剛さんが演じるのは、政治家の議員秘書というポジションで、俳優としては6年ぶりの連続ドラマの主演となるので、放送が楽しみですね!

 

-2023年冬ドラマ

© 2023 ミライドン Powered by AFFINGER5